宇宙開発と文系の学問について、色々

こんばんは、ちひろ@fukaplanet8です。
最近YMコラムのまとめ本を見つけてとっても嬉しかったので電車の中でずーっと読んでいました。
YMコラムとはかつて日本惑星協会のメールマガジンで連載されていた的川泰宣先生のコラムです。私はこれが楽しみでメールマガジンが届いたら即チェックしていました。これは将来100年後とかには21世紀初めごろの宇宙開発の雰囲気を知ることができる一級の資料として大切にされるのではなかろうかと私は思っています。宇宙開発が好きだ!という方には絶対おすすめしたい本です。
今日はYMコラムの時代にはおそらくあまり触れられていないのではなかろうかというお話をしたいと思います。

評価:
的川 泰宣
共立出版

¥ 2,052

(2005-03-01)
コメント:大好きでした、YMコラム。100年後に発売されて火星でベストセラーになってほしい。

続きを読む “宇宙開発と文系の学問について、色々”

【星検対策】月の南中高度は季節によって変化する

こんにちは、ちひろ(@fukaplanet8)です。
今日は星検まであと34日、私は今回3級の合格を目指して勉強しています。今の所問題集を8割くらい解きましたが、もう少し時間をかけて勉強したいです…。
さて、今日は私が星検の問題集を解いて初めて考えた、月の南中高度の季節変化について書きたいと思います。
続きを読む “【星検対策】月の南中高度は季節によって変化する”

皆既日食を観にアメリカに行くという夢ができました。

こんにちは。
2017年8月21日、アメリカで皆既日食が見られると聞いてアメリカに行きたくなりました。単純だな私!
このニュースを知ったきっかけは下記の竹内幹蔵さんのツイートです。


私にはもともとアメリカに行ってNASA関連の施設を見学したり、スミソニアン博物館に一日中入り浸ったりしたいという願望はあったのですが、基本的には行動力がない人間なのでアメリカ旅行の計画を立てたことはありませんでした。そんな私がアメリカ行きたい!と強く思うのは、皆既日食という滅多に見られないけど日時はぴったり決まっているイベントのおかげだと思います。期限が決まるとやる気が出るけど逆に決まらないと動かない私はやっぱりズボラ人間だなあと思いますが、いい目標ができたのは素直に嬉しいです。
皆既日食は約一年半後。それまで英語と天文学をしっかり勉強して、アメリカ旅行した時にめいいっぱい楽しめるようにしたいです。
※この流れで今読んでいる天文学の洋書を紹介します。1トピック見開き2ページで通勤の合間とか短い時間でサクッと読みつつ天文の知識も得られるのでオススメ。

評価:
Giles Sparrow
Quercus Publishing

¥ 1,186

(2015-03-05)
コメント:通勤中にさっと読むことができて英語と天文の勉強に重宝しています。基本的に事実しか書いていないので、読み物として面白いかどうかは微妙。

安楽椅子の上からvol.1 2016年1月の振り返り

こんばんは。ちひろ(@fukaplanet8)です。
ブログを始めて1か月ですが今のところ記事は2つだけ…。
もう少しがんばらなくちゃ、と思いつつもマイペースを守りたいので
亀の歩みで参ります。
今日は2016年1月の振り返りをします。

評価:
小暮 智一
京都大学学術出版会

¥ 5,292

(2015-12-07)

Amazonランキング:
270400位

続きを読む “安楽椅子の上からvol.1 2016年1月の振り返り”