【雑感】ひとみ(ASTRO-H)の運用断念に思う事

こんばんば。
ほぼ1か月前から通信の異常が続いていた日本の新しいX線天文衛星『ひとみ』ですが、今日JAXAから正式に運用を断念するという発表がなされました。

※JAXAのプレスリリースはこちら
http://www.jaxa.jp/press/2016/04/20160428_hitomi_j.html

この発表を聞いて、私は自分でも驚くくらいショックを受けました。すごーく暗い気持ちになっててそれが晴れないのです。これは私がひとみの観測成果に期待していたから、それが叶わないと分かってしまいつらいのです。
ひとみの開発、運用を担当していた人たち、そしてひとみの観測結果を利用してこれから研究を行おうとしていた科学者のみなさんの無念は大きいだろうと想像するとより悲しいです。それでも現実を受け入れて明日からも頑張ろうと言える強さが、今の私にはちょっと足りないのかもな…と感じました。
明日は相模大野で開催される宇宙科学講演と映画の会に行く予定です。こんな時でだからこそ学ぶことはやめたくない!

【本紹介】教養のための天文学講義

こんにちは。
星検が終わったので天文学をのんびり勉強しています。最近見つけてとても気に入った本がこの『教養のための天文学講義』です。この本は1998年に出版された本で、筆者が文系の学生や市民向けの講義で話した内容をまとめた本です。私としては、ああ、こういう本がちょうど読みたかったのだ!という本でした。難しすぎず、かといって簡単すぎることもない、今の私にちょうどいい難易度で理解しやすいと同時に色々と今までわからなかったことを新しく知ることができました。

米山 忠興
丸善

¥ 3,024

(1998-05)
コメント:大学の教養科目のテキストです。天文宇宙検定二級の対策にもよさそう。

続きを読む “【本紹介】教養のための天文学講義”