【有人宇宙開発】宇宙飛行士と各国の事情(ただし私は何も知らない)

最近、宇宙飛行士の皆さまにはどのような人たちがいるのか気になっています。日本人の宇宙飛行士に限らず、アメリカ、ロシア、中国、ドイツ…さまざまな地域の宇宙飛行士に注目してみたら何か面白いことが分かるのではないかと期待しているのです。まあ、それ以前に現代の宇宙飛行士って人格的に相当魅力的な人じゃないとなれないと思うので、できの悪い私が何かしら学ぶところがあればいいな…というのもあります(^_^;)

 

さて、昨日の日経(朝刊)に面白い記事がありましたので紹介いたします。

 

でーたクリップ 宇宙滞在時間、ロシア1位 2016/7/15付

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO04846930U6A710C1TJN000/

 

この記事の中で示されている表が面白くて、ロシアは宇宙滞在時間が長い、アメリカは宇宙滞在時間はロシアに比べると短いが宇宙飛行士の数が多い…みたいなはっきりした違いが表れています。その違いが生じた背景については記事で解説されているので読んでいただきたいのですが、要は各国の宇宙への挑み方、即ち戦略の問題が表れるのですよね。いやはや、私が宇宙開発について何も知らないということがよく理解できました…。果てしない気がしますが、理解できるところを少しずつ増やしていきたいです。

 

それでは、今日はこの辺で。